2017年10月15日

映画の話

たまには雑談も書こう。

歩いて行ける距離に映画館が出来たこともあり
観たいと思う映画も近年にしては珍しく多かったので
(とはいっても数本程度だけど)実際に観ました。

一番楽しみにしていたのが「ジョン・ウィック:チャプター2」
「続編は前作を越えられない説」ではないにしても
個人的にはジョン・ウィックが暴れる理由が
前作に比較すると弱かったあたりがネックだったかも。
しかし超無敵スーツは笑えたし(なんでもありあり感)
唖者の可愛い殺し屋が今作限りなのはもったいない。
さらなる続編が出たら、もちろん観る。

「ダンケルク」は壮大でしたな。
兵士なんてただの駒、主役の青年すら特に何の説明もなく
(そもそも会話するシーンがほとんどナイ…戦場最前線なので当然)
エンドロールで初めて「トミーという名前だったんだ!」と知る始末。
とにかく人物の「これまで」や「このあと」がないので
「戦争が終わったら結婚するんだ」的な
群像劇を期待するとガッカリするだろうな…とよけいな心配したり
むしろこういう人間性の欠落こそが戦争のリアルではないかと思ったり。

ガイ・リッチー監督の「キングアーサー」は
たまたま入手した無料鑑賞券で観ました。
貧民街育ちのアーサー王は貴族の品格ゼロ。
…まあいいけどね…ガイ・リッチー監督の得意分野だもんね…。
「庶民派の王様誕生」ってことで良しにしよう。
チョイ役のくせにやたらとオーラを放つヤツがおる、と
思ってたら元サッカー選手のベッカムでした。
前情報なしで観たのでビックリした。

「アウトレイジ:最終章」は
塩見三省氏のあまりの人相の変わりっぷりに驚愕。
前作の後に脳出血、リハビリ復帰だそうな。
西田敏行氏もほとんど病み上がり状態で撮影に挑まれたそうで…
違う意味で全員ヤバイ。
物語よりも俳優陣の体調の方が気になって仕方なかったです。
物語は現実世界の事情をなかったことにしていて
それ自体は当然だしフツーによくあることなのだけど、
実際に見た目(容貌)が様変わりしていたわけで
そうなると「なかったこと」にするのは逆に不自然な気が。
重要なキャラだからこそ、現実世界の変化に合わせた
設定の変更を考えてほしかったかなぁ。

今、観たいのは「アトミックブロンド」です。
監督が「ジョン・ウィック」に携わっていた人で
(予告で観ただけだがアクションシーンのテイストがよく似てる)
主役が「マッドマックス:怒りのデスロード」で
バリバリにかっこよかったシャーリーズ・セロンで
なんといっても予告映像のBGMがQUEENの「キラークィーン」だから。
(…「キングアーサー」も予告BGMがLEDZEPという理由で
観たが本編では使用されていなかったけども…)

「歩いて行ける距離の映画館」はいいね、うむ。
posted by NAGA at 15:53| 雑記